トップページ

●風俗の有利・不利

風俗の求人には、数多くの風俗店の求人情報が掲載されています。風俗の仕事に興味がある人にとってはよりどりみどりの気分かもしれません。しかし、実際にはその求人情報の中で、自分に合っている風俗店は限られています。条件は様々なものが考えられます。
自分自身に原因があるもの、住んでいる場所と風俗店の位置関係、現状のトレンドと風俗店の方向性など、様々な有利条件不利な条件が各風俗店に対してあてがわれます。

仮に条件の良い求人を見つけても、その風俗店が自分にとって何かしら不利な条件があるとしたら、その風俗店の求人は見送らなければならなくなる可能性も十分に考えられます。
風俗の求人情報の掲載時期も時の運ということも考えられます。風俗店は常に人を募集しているわけではないので、以前見かけた求人情報が更新された後にはなくなっているということも十分に考えられます。
風俗求人『Qプリ』には全国の高収入アルバイト情報が満載!

moral_00027

●不利な人は風俗で働けないのか

では、何かしら不利な条件のある風俗店では求人に応じる事はできないのでしょうか。答えとしては、求人に応じても良いが不利さの問題は解決しなければならない、ということは考えておきましょう。
どういった内容が自分にとって不利な条件であるのか、それが風俗の仕事においてどのようなデメリットを生み出すのかを十分に考えて、それを差し引いてもその風俗店ではたらく理由を冷静に分析し、差引がまだプラスであることをきちんと把握しましょう。
もし、冷静に考えると不利さによるデメリットがその風俗店で働くことのメリットを下回る場合、最初から求人に応じないほうが良いです。おそらく、早いうちにその風俗店を辞めることになるだろうからです。

modern_00014

●有利でも油断はできない

では、何か有利な条件があれば無条件で求人に応じても良いのでしょうか。これも上記と同じようにしっかりと分析することが必要です。どれだけの優位性があり、それがどれだけ長い間維持できるのか、デメリットを差し引いてもまだプラスのままであるのかを冷静に分析しましょう。
仮にプラスのままだとしても、その優位性がどれだけ維持できるのかも重要です。一時有利であったとしても、それが早い段階で消失したり、場合によっては不利に転じるような条件もあることでしょう。
その時系列においてまだプラスを維持できるのか、早い段階で不利に転じるのであればあまり有利な条件とはいえません。風俗の求人を探す際には、将来的な有利不利も視野に入れたほうが便利です。

joint_00067

2016年8月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント